ホームアソーマガジン > 09.06.21 中小企業総合展2009in kansaiに、アソー株式会社も出展!

アソーマガジン

中小企業総合展2009in kansaiに、アソー株式会社も出展!

09.06.21

中小企業総合展2009in kansai

当社も参加させて頂きましたイベントが先日インテックス大阪にて開催されましたので本コーナーの記念すべき? 初回としてアップさせて頂きました。中小企業総合展は「インテックス大阪 6号館Aゾーン」で5月27日(水)、28日(木)、29日(金)の3日に渡り開催されました。出展企業は総数約270社で、主催は独立行政法人 中小企業基盤整備機構です。
  毎年大阪と東京で開催されており、大阪はインテックス大阪、東京はビックサイトにて入場無料で開催されております。今回の中小企業総合展出展2009 in kansaiの来場者数は運悪く新型インフルエンザの影響もあってか、27日7,298人、28日10,990人、29日11,139人と総来場者数29,427人で、昨年の33,578人から見れば4,151人の減少となり来場者数が思ったより伸びませんでした。
展示会は部品材料などの「製造技術」「流通物流」「情報通信」「住宅土木」「生活文化福祉」「食品医療バイオ」「支援機関」etc・・・・と様々な分野の企業がまさに大阪。得意の『ごった煮』状態で、各分野の元気企業が出展展示を行っており、当社が今まで出展させて頂いていた分野別に展示ターゲットを絞った「インターフェックス ジャパン」「東京国際包装展」「大阪パック」とは一味も二味も違った展示会でありました。

接客させて頂いて感じましたのは従来出展させて頂いた展示会、IPTやインターフェックスジャパンであれば医薬品包装用クリーン袋。セミコンジャパンであれば半導体包装用クリーン袋。東京国際包装展や大阪パックであればドラム缶用やコンテナー用内装袋などの液体物流包装と、展示品のご説明はその展示会のターゲットを絞ったご説明で十分でありました。しかし、今回の中小企業総合展はご来訪頂くお客様が上記のような多種多様な分野のお客様であられ、「どこに興味を持って頂きご覧頂いているのか?」「展示品をどのようにして御使用をお考え頂いているのか?」を素早く理解させて頂き、 そしてスタッフはどのようなご説明をさせて頂ければさらに興味を持って頂けるのか? を掴むまで時間を要した事を感じた次第です。当社はフィルム包装が社業ですのでお客様の分野は多岐にわたり、今まで様々な分野にてご商談をさせて頂いておりましたので、ある程度自信を持ってはおりましたがまだまだ未知な包装分野がたくさん存在し、本当に勉強不足である事を痛感致しました。

中小企業総合展2009in kansaiチラシ

出展ブースは、I-40 「食品医療バイオ関連」コーナーにおきまして、「ハイクリーンポリ袋規格袋」「ハイクリーン永久帯電防止規格袋」「UVカットクリーン規格袋」などと高スペックかつ規格品を中心に、またクリーン関連以外の分野では「ASOライナー」などのドラム缶用の丸底内装袋、「ASOドラム缶カバー」など当社の古くからの看板商品も展示させて頂きました。
  また、展示では当社クリーンポリ袋の製造工場である「クリーン工場のご紹介」や「検査工程や品質管理」のDVDビデオも同時放映させて頂き、最初から最後まで約20分近いビデオだったのですが、立ちっぱなしでずっと見入って下さいましたお客様もたくさんおられ大変嬉しく感謝の限りでした!!!

展示会を通して感じた事は、今までクリーンポリ袋は「コスト高」という事だけで敬遠されておられたお客様の地合いが少しずつ変化してきた事をこの3日間を通して感じる事が出来ました。今までなら「当社は大手と違うから、そこまでは・・・・・」とか「お客様が要求していないので、良いのは解るがコストもアップするし、あえて・・・・・」というニュアンスから、「この際他社と差別化を図りたい」「品質を向上させたいがコストを抑える方法はないか?」「導入したいが、Lotを抑える方法を考えてほしい!!」など、非常に前向きなお問い合わせが多い事です。
また、「ASOライナー」「ASOドラム缶カバー」分野では、「景気が悪いためドラム缶をリンク使用したい・・・・・」とか、「環境問題でドラムのリンク使用を推進しておりASOライナーを検討したい」など「コスト」「品質」「環境」などテーマを絞り込んで展示会をご覧のお客様が多い事に驚かされた次第です。

本当にたくさんのお客様にご来訪頂き、ご質問やテーマもたくさん頂戴し、当社スタッフも大変勉強になった展示会でありました。最後に当日お立ち寄り頂きました皆様に改めまして深く御礼申し上げます。有難うございました。

製品カテゴリ

袋屋本舗

ポリエチレンまめ事典

アソーマガジン

人気製品

まめ事典 人気記事

アソーマガジントップへ戻る

ページトップへ