ホームアソーマガジン > 10.08.04 『ASO』が商標登録に!!

アソーマガジン

『ASO』が商標登録に!!

10.08.04

このたび当社では、当社製品の冠名となっている『ASO』について商標登録を完了致しました。これを機に、ASOマガジンにてこの「商標権」と言うものについて軽くふれてみたいと思います。
商標法で保護されるものは、商品やサービス(役務)に関してつけられている名称やマークです。ユニークな言葉や図形など、自己の商品と他者の商品を識別するためにつけられるものが商標だそうです。要はブランド名やネーミングやマーク等のことをいい、商品に使われると「Trademark」となり、役務に使われると「Servicemark」となります。よって、商標は単なるマークだけを指して「商標」というのではないのです。

特許権、商標権、著作権も最近良く耳にする「知的財産制度」のもとにあります。知的財産制度とは、知的創造活動によって生み出されたものを、創作した人の財産として保護するための制度です。「知的財産」及び「知的財産権」は、知的財産基本法において次のとおり定義されているようです。

知的財産権には、特許権や著作権などの創作意欲の促進を目的とした「知的創造物についての権利」と、商標権や商号などの使用者の信用維持を目的とした「営業標識についての権利」に大別されるようです。特許権、実用新案権、意匠権、商標権及び育成者権については、客観的内容を同じくするものに対して排他的に支配できる「絶対的独占権」といわれています。一方、著作権、回路配置利用権、商号及び不正競争法上の利益については、他人が独自に創作したものには及ばない「相対的独占権」といわれています。法律の話は、得意ではありませんので話を戻します。

さて、当社は当然の事ながらプラスチック基礎製品・プラスチック製の包装用容器という指定約務について取得致しました。賛否両論はあるとは思いますが、我々中小企業にとって商標はそれほどの大きな意味を持たないと私見として考えます。それなら何故登録したのか?ですが、それは前項でも触れましたように商標権の侵害という切り口とは異なり、今まで当社スタッフが生産している商品には社章でもある『ASO』を冠名として使用して参りましたが、あえて商標登録することによって、さらに製品に対する責任感を高めることが目的であります。『自分たちの名前が正式にブランドとして認識されるからこそ滅多なものは作れない!!』・・・・と自信を持ってお客様に供給させて頂ける製品を作る意識を深め向上させる事が目的であります。夢は「ASO○○○○○という製品は安心できるブランドだ」とお客様に言って頂けるように今後も社員一同励む所存です。

製品カテゴリ

袋屋本舗

ポリエチレンまめ事典

アソーマガジン

人気製品

まめ事典 人気記事

アソーマガジントップへ戻る

ページトップへ