ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

ASOドラム缶ポリカバー

ASOライナー

クリーン袋

ポリエチレン(PE)製角底カバー

ASOドラム缶ポリカバー

Q1. カバーを被せて段積みすることは可能ですか?
A1. 取り扱いにもよりますが、ドラムカバーの縁部分が擦れて破れの原因になりますので、極力段積みは避けて下さい。ただし、ホームページには掲載しておりませんが、段積み可能な黒い厚手タイプもご用意しておりますので、お問合せ下さい。
Q2. ドラムカバーの耐久年数を教えて下さい。
A2. お客様のご使用環境・ご使用方法にもよりますが、目安として約半年から一年はお使い頂けます。簡易タイプは基本的にワンウェイです。
Q3. 「ロット100枚」とありますが、100枚未満でも購入する事が出来るのでしょうか?
A3. 100枚未満でも購入は可能です。成形タイプに関しては25枚、簡易シャワーキャップタイプは20枚の倍数での出荷となります。ただし、別途運賃が掛かります。
Q4. 色は透明、乳白の2種類がありますが違いは何ですか?
A4. 天板の文字等を確認したいお客様は透明タイプ。耐候性を求められるお客様は、乳白タイプが良いと思います。
Q5. 成形品タイプで200L缶用以外にサイズはありますか?
A5. 別注生産(型代とロットの問題)であれば、生産可能です。詳細については営業担当者までご相談ください。
Q6. ファイバードラム・樹脂ドラム・その他容器に使用可能ですか?
A6. 成形品タイプは200L用の鉄ドラムにピッタリフィットするように設計しておりますので、使用は出来ません。(但し鉄ドラムの直径と同じなら使用可能)
簡易シャワーキャップタイプは直径450~680φの間の容器でしたら、使用可能です。

ASOライナー

Q1. ASOライナ-はどのような用途で使用されていますか?
A1. 基本的には鉄ドラムの内装袋として使用されております。オープンタイプは、液体物から粘性のある内容物まで幅広く対応可能です。口栓タイプについては粘性の低い液体系の内容物に限りご使用頂けます。
Q2. ASOライナーの耐薬品性について教えて下さい。
A2. 耐薬品性と言いましても非常に意味が広くなり一概には申し上げにくいのですが、本ライナーは材質がポリエチレンの為、弱点としては、耐有機溶剤性・耐油性に劣っている事は事実です。   
それと浸透性の高い内容物も苦手としております。しかしながらインキ・塗料・接着剤等の内容物に使用実績がございますので、サンプル品は無償提出させて頂きますので、実際にテストしてご確認頂ければと思います。
Q3. ASOライナーの充填可能な温度を教えて下さい。
A3. この質問は良く頂戴致しますが、非常に回答が難しいのが正直なところです。なぜならば、充填する内容物により異なるからです。私共がお答えしているのは、内容物が水として約80℃前後の耐熱温度があるとお答えしておりますが、有機溶剤成分・油成分のような物はもっと耐熱温度は低くなります。現状はサンプル品を無償で提出させて頂きユーザー様にてご確認して頂いております。
Q4. オープンタイプでサイズ構成表に載っているサイズ以外にも商品はありますか?
A4. 別注生産にはなりますが、厚みと高さの変更は可能です。基本的にはロット500枚からのご対応となります。直径の変更につきましては型代の問題がありますので、営業担当者までご相談ください。
Q5. オープンタイプの袋の上部を結束するには、どれぐらいの高さが必要ですか?
A5. 内容物の充填量・結束方法にもよりますが、1100mm又は1200mmの高さが最適です。
オープンロングタイプ(結束タイプ)をご用意しております。別注生産にはなりますが、オープンタイプは高さ1400㎜まで生産可能です。
Q6. オープンタイプと一般の封筒形のポリ袋を比較して、どんなメリットがありますか?
A6. 封筒形のポリ袋に比べ、ドラム缶との袋装着時の密着性が高いため、充填後のブレンダー等での攪拌や自動機による抽出も可能となります。底がフラットですので、残渣の問題でお困りのお客様には最適な商品となります。

クリーン袋

Q1. 「クリーン袋」と「ハイクリーン袋」の違いは何ですか?
A1. 原材料、生産環境は同じです。ハイクリーン袋については、ロット毎の内面パーティクル管理と各種規格を取得致しておりますので、ハイクリーンポリ袋の方が高品質な商品となっております。
Q2. 「クリーン袋」で規格袋は無いのですか?
A2. 御座いません。ご用意出来るのは「ハイクリーンポリ規格袋」のみとなります。
Q3. 「ハイクリーン袋」で帯電防止タイプはありますか?
A3. 御座います。使用量の少ないお客様には「ASOハイクリーン永久帯電防止規格袋」をご用意しております。
Q4. 印刷・着色は可能ですか?
A4. 生産ラインの汚染に繋がる為、印刷・着色につきましては承っておりません。
Q5. 脱気包装はできますか?
A5. 基本的には出来ます。ただし材質がポリエチレン単体の為、保存期間によっては脱気状態を維持出来ない可能性がございます。また角の立つ製品はピンホールの原因になりますので、極力避けて下さい。

ポリエチレン(PE)製角底カバー

Q1. ポリエチレン製角底カバーで在庫規格表の36種類のサイズ以外も生産可能ですか?
A1. 別注生産にはなりますが、もちろん生産は可能です。厚み「0.03mm」「0.05mm」「0.07mm」「0.1mm」のみロット100枚より対応可能です。それ以外の厚みは基本的に300~500枚の生産ロットとなります。
Q2. 大きさはどれ位まで生産可能なのですか?
A2. 一部、加工方法により異なりますが厚みは0.025mm~0.2mmまで。縦・横につきましては3000mm。高さは2000mmとなります。UVカットシルバー角底カバーのサイズは別途ご相談下さい。
Q3. 納期はどれ位かかりますか?
A3. 受注後、約2~3週間の納期が掛かります。在庫規格品につきましては受注後2~3日でお届け可能です。
Q4. どのような種類がありますか?
A4. ポリエチレン製では「透明」、「UVカットタイプ」。クロス生地では「ブルーシート」、「UVカットタイプ」等が一般的な種類となります。その他の生地については、営業担当者までご相談ください。
Q5. カバーが風で飛ばないようにする事は出来ますか?
A5. 別注生産にはなりますが、底部にゴム・紐の取り付けや、ハトメ加工を行うことにより飛散防止に対応出来ます。詳細については営業担当者までご相談ください。但しポリエチレン製のタイプはゴム付け加工のみとなります。

製品カテゴリ

袋屋本舗

ポリエチレンまめ事典

アソーマガジン

人気製品

まめ事典 人気記事

ページトップへ